スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗の利用者は?

風俗の利用者はそれほど多くはありません。

良く、女性が「男性は風俗を使えば」なんて言いますが、
実際に風俗を利用する男性はほとんど居ないと言ってもいいでしょう。

おそらくは、成人男性の15%くらいしか使わないと思います。
100人いたら15人です。10人に1人~2人です。

女性は、風俗=性行為という認識です。
その性行為の程度は、全部だと思っているケースが殆んどです。

ソープランドなどを除く多くの店舗は本番行為を禁止しています。
法律上でそのように定められています。

女性たちは、男性が何でも出来ると勘違いしている場合がほとんどです。

こうなると男性は非常に不利な状況に追い込まれるのではないでしょうか。

あたらに好きな人と付き合いたい・好意がある人に
「身体目的?えっちがしたいなら風俗行って欲しい」なんて思われたら侵害です。

更に合コンなども同様です。
「合コンするお金があるなら必死になってないで風俗行けばいいのに」そんな風に思われそうです。

いえいえ、そういう理屈がそもそも間違っています。

男性が求めているのは女性とのコミュニケーションです。

行為をすること自体はさっぱりとしたもので、気持ちはあまり楽しくはないものです。

もっと深く追求すると、

・会話をたのしみたい。
・いい雰囲気に持っていけるか。
・付き合うことが出来るか。
・ドキドキをたのしみたい。

このような要因があるからこそ、直に触れ合いたいのです。

そこを風俗だデリヘルだと実際の行為も出来るに、中途半端な行為だけを
高額な金額を支払って利用したいと考える人は居ません!


話を戻すと、それがわかっているからこそ利用者は10人に1人しか居ないのです。

どうしてもという人は使うことはあるでしょう。

それ以外は、あまり風俗やデリヘルを利用しないことが一般的です。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。