スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイトとアルバイトの違い

ウェブサイトを検索していると『バイト』と『アルバイト』という2つのフレーズを見かけます。

この2つのフレーズは、普通に考えると同じ言葉です。

前者が略語であり、後者は正式名です。

アルバイトとは、元はドイツ語(Arbeit)が語源です。

風俗・デリヘル系サイトを見ていると、求人サイトでこれらの言葉が多く使われています。

◯◯ 風俗 求人
◯◯ 風俗 バイト(アルバイト)
◯◯ バイト 風俗求人

こういった表記が多いような気がします。

ちなみに、ウェブサイトで集客を目的とした場合では、どちらを使うと良いのでしょうか。

多くの場合はアルバイトという言葉を使用することが一般的です。

何故ならば、「アルバイト」という言葉の中に既にバイトが含まれている為、

あえて、「バイト・アルバイトをお探しの方は」などという表現方法はしないからです。


少し突っ込んだ形で使用ワードフレーズについて調べてみたいと思います。

『風俗 バイト』 検索該当数 約 934,000 件
『風俗 アルバイト』 検索該当数 約 773,000 件

これを見ても分かる通り、「アル」という言葉が付くか否かで件数が変わっていることが分かります。

短い言葉よりも、より詳しく長い文字列で調べた方が検索該当数は減るでしょう。

しかし、これらの結果を見ても分かる通り、
「アルバイト」という言葉以外に「バイト」という言葉が含まれている(使用されている)訳です。

★でも、なら「アルバイト」の正式表記だけを使えばいいのでは?

こう考える人も多いでしょう。実際は違います。

バイトという略語自体が「バイト」と「アルバイト」の両方の意味を持ち合わせているのです。

これらの理屈は、他の風俗ワードにも当てはまります。

例えば、「デリバリーヘルス」「デリヘル」も同様です。

この場合は、「デリバリーヘルス」という言葉自体が長くて好まれません。


★いやいや、単語単体で検索すると、全然結果が違うよ?

その通りです。

『バイト』 検索該当数 約 58,500,000 件
『アルバイト』 検索該当数 約 52,100,000 件
『デリヘル』 検索該当数 約 20,500,000 件
『デリバリーヘルス』 検索該当数 約 1,220,000 件

ですが、ここに『風俗』・『求人』・『高収入』といった言葉を合わせると、

わざわざ、言葉を全て含めなくても良くなるのです。

◯風俗 バイト
●風俗 アルバイト
◯デリヘル バイト
●デリヘル アルバイト

もちろん、表記上の文字列を少なくすることが出来るだけで、

実際に直書き表現されている文字列としては表現の不足が生まれてしまいます。

そので、こういったテクニカルなウェブ表現をしたい場合は、

略 : 3  もしくは 略 : 5 
正 : 7  もしくは 略 : 5 

くらいの割合でフレーズを表記するようにすればよいのです。

これで幅広いワードでのウェブ対策が可能となるでしょう。

風俗系の高収入を謳うウェブサイトでは、少しだけ特をするテクニックではないでしょうか。

言葉を混ぜて表現することをおすすめ致します。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。