スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エステ店は風俗の代名詞

風俗と聞くと何を思い浮かべるだろうか?

正直、デリヘルを思い浮かべる人が多いでしょう。

デリヘル(デリバリーヘルス)とは、無店舗型の風俗店です。

決してデリヘルが「風俗ではない」ということにはなりません。

しかし、従来の昔からの「風俗」というものは、

「ピンサロ」「イメクラ」「エステ」
という店舗所在地を構えたお店であったことに変わりはありません。

ちなみに、店舗型の風俗店だからといって、
デリヘルのように「女性を派遣できない」ということではありません。

風俗店 = 店舗経営で派遣できない。
デリヘル = 店舗を持てない。派遣できる。
このような図式ではないのです。

昔から、店舗型風俗店というものは強いのです。

また、昨今では届出書自体が
風紀的に許可されないという状況もあるやもしれません。

さて、風俗店に関してですが、
その中でも、グレードのような物もあります。※イメージですが。

「ピンサロ」「イメクラ」に比べ、
『エステ店』は高級志向が強くなるせいもあり、グレードや敷居は高いです。

エステ店も様々で種類や形態が変わってきます。
・性感
・回春
・性感エステ
・回春エステ
・性感マッサージ
・回春マッサージ
・メンズエステ
体外がこれらのワードになります。

違いがあるとすれば、「回春」と「性感」でしょう。

「性感」とは対応女性スタッフが脱いで接客するということです。
「回春」とは通常の大衆マッサージ店のようなサービスの中の最後に抜きがあるということです。

また、性感という大きな違いを含みながら、SM的要素なども含まれてきます。

THE・風俗店といったようなオプションサービスが充実してきます。

一見、大きな違いはなさそうに感じますが、
様々なオプションの種類があり、その掛け合わせで何通りものサービスで溢れかえります。

この為、各エリアなどで「エステ系風俗店」を多く見かけても、
実際の中身の業態までを詳しく折り返して考えると、全くサービスの色に違いがあるのです。

エステ店と一口に言っても、違いが沢山あるのです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。