スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワガママな店舗

アダルトジャンルのサイトを所有している風俗デリヘル店では、検索の順位による露出を考えている店舗も多いハズです。

そこでSEO会社のサービスは不可欠でしょう。

しかし、私にはこんな経験があります。

『商談時に説明している内容を理解されていない』

『都合の良い内容で解釈される』

『言ってもいない事実無根の言葉を理由にゴネられる』

『SEO独特の曖昧さを都合の良いように利用される』

このような経験があります。

つまり、『順位は保証できない』『順位の上位化へのハードルは低い』『上位化後の順位上昇はご協力や提案への理解が必要』『一桁の順位から更に上位を目指すことは難しい』『サイト修正だけでは、それ以降の順位が上がらない可能性があるので、以降の対策は外部の対策が不可欠』

簡単な内容ですよね?

もちろん、専門的な話となりますので風俗デリヘル店舗では理解できないこともあるでしょう。

ですが、これを勘違いされるわけです。

『順位の保証は出来ないという案内は忘れられている』『簡単に1位に出来ると言った』『上位化後の広告サイトなどの利用が必要であることと、上位化への理解がない。』『一桁順位から1つ順位を上げることが多大な努力が必要である難易度を理解されない』『サイトの修正での順位上昇の理解がない』『それ以降の外部対策での順位上昇の理解がない』

このような状況になるわけです。

正直風俗デリヘル店舗が真っ当な経営をされている会社であるということではないので、ヤクザか輩のようなクレームとなることは当たり前です。

当然、『言った言わない』という水掛け論となります。

こうなっていくと何もやりとりが成立しなくなります。

何故ならば、風俗デリヘル店舗は俺様家業に近い部分がある為、『お金をかけたら、言いたい放題できる』というような勘違いとも取れる対応になるからです。

確かに『やらせる』という動きや交渉は可能ですが、SEOの全てを理解しての指示を風俗デリヘル店舗が行うことができるわけではないので、言うことも一方的になり無茶が多いことは事実です。

すると、結果が出なければ『どういうことだ』となり、不満があれば『おかしいだろ』という態度に変わっていくのです。

私が経験した悪い例としては、ニッチすぎるSMワードなどでの対策で、明らかに他のサイトとの広告のかけ具合や努力の差によって結果が望めない可能性が出てきた際に、

『ウチはオリジナリティで勝負してる為、サイトの内容は自信があり手直しの必要はない』『細かい無料サイトなどへの登録はめんどくさい』

こんな理由で、案内とは別に努力を諦めての状態で結果を求められる状況でした。

これでは順位は上がりません。

これを深く追求していったところやる気を無くされたのか契約終了となりました。※もちろんそこまでの大クレームの嵐があったことは説明するまでもありません。
ウェブ業界では、サイトを作り上げるだけではなく、過度な要求をされることも大いにある為と、一般社会の常識が通用しない状況もある為、様々な苦労が出てきます。

昨今、アダルトジャンルのSEOを提供する会社も少なくなってきています。

風俗デリヘル店舗とのやりとりは、今後も色々な意味で難しくなってくるでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。