スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤沢デリヘルで素人なんて意味が無い。

藤沢のデリヘル風俗店を調べていると、
やたらと『藤沢デリヘル 素人系 ◯◯」』などというタイトルの店舗を見かけます。

ハッキリ言っていまうと、全く意味がありません。

風俗で素人を謳い文句としている店舗はビジネス的に間違っているのではないでしょうか。

まず、風俗店には女性従業員スタッフがいますが、これらの女性は風俗嬢です。

風俗嬢が素人なのでしょうか。答えはNOです。

一般的に業界に手を出している女性スタッフはプロフェッショナルである認識です。

つまり『プロ』と呼ばれているのです。

風俗デリヘルで食べているわけなので素人であるはずがありません。

イメージやキャッチフレーズとしてのマーケティング目的であれば分からなくもありませんが、

サービスを利用した際に、本当に素人というクオリティを出せるはずがありません。

素人は『新人さん』ではありません。

本当の意味での演技としての技術があるのであれば、面白いかもしれません。

十中八九、そのような大きな期待をしている人はいないでしょうし、満足もできないでしょう。

さて、素人というテーマをサイトに持たせることで、どのような恩恵があるのでしょうか?

「サイトのアクセス数」が増加するのでしょうか?
「未経験者が働きたい」と女性から連絡が来るのでしょうか?

そのような想像をしてしまします。

しかし、これは夢デリカありません。

まともな会社がイメージだけで需要のないテーマをビジネスとすることが理解できません。

まず、単語や言葉の重要性を再認識することが大切です。

約 30,600,000 件 風俗
約 15,700,000 件 デリヘル
約 47,700,000 件 素人 (しかしながら一般ワードです。)

調べるだけであればものすごい人数に感じがちです。

約 2,280,000 件 素人風俗
約 0,997,000 件 素人デリヘル

このように絞り込むと一桁以上の数しかありません。

また、ここから地域毎の数を割り出すと、

約 771,000 件 素人デリヘル 新宿
約 729,000 件 素人デリヘル 横浜
約 532,000 件 素人デリヘル 藤沢

更に検索該当件数が減ったことが分かります。
それでも50万件以上の数は決して少なくはありません。

次に、それぞれの検索ワードの需要を考えます。

下記が、1月あたりに期待できるアクセス数です。
※Googleキーワードプランナー参照

4,400 デリヘル 横浜
3,600 デリヘル 新宿
1,000 デリヘル 藤沢
0 素人デリヘル 新宿
0 素人デリヘル 横浜
0 素人デリヘル 藤沢

お分かり頂けただろうか。

需要が全く無いのです。

アクセスするインターネット利用者は、
はじめからそんなものには期待していないということでしょう。

つまり『アクセスが無い』ということなのです。

そもそも、意味のないことをビジネスに盛り込むということが言語道断です。

藤沢にデリヘルや風俗が存在していたとしても、
素人ばかりは、どこの地域であってマーケティング上、重大な間違いなのです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。