スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗店舗サイトでどこまで順位をあげられるのか?

「風俗デリヘル店舗サイトをこだわって作ることで、どこまで出来るのか?」

そんなことを考えたことはないでしょうか。

風俗系サイトには大きく分けて3つ存在しています。

・一般風俗サイト(テンプレ)
・キャバクラ系サイト(テンプレ)
・オリジナルサイト

キャバクラ系サイトは、「在籍」「出勤」などの情報ページが不可欠です。

ですが、その作り自体は一般風俗系サイトと大差はありません。

一般風俗テンプレートサイトも多くの場合基本コンテンツに大差はないでしょう。

もしも違いがあるとすれば、写メ日記コンテンツの有無です。

これらの違いしか本来は存在しないのです。

また、オリジナルサイトに関しては全部込みです。

・写メ日記コンテンツでのページの量産
・出勤商法ページの無限量産

こういった普段は出来ないコンテンツ構成によりページを増やしサイトの規模を大きくすることが出来ます。

しかし、その内容次第では、サイトの品質を下げることとなるので検索順位では不利です。

さて、では一般テンプレートサイトではどこまで検索順位対策が可能なのでしょうか?

答えは、「質を重視すれば限界まで方を並べられる」という結果になるはずです。

しかし、ページ数でのサイト規模という視点では、明らかにテンプレートサイトは限界があります。

必要コンテンツ以上のものを自由に設置出来ないことで、情報表示に限度が出てくる為です。

ですので、どんなに頑張ったとしてもテンプレートサイトだけでは、検索順位の上位化は難しいのです。

通常のSEO対策では、サイトの内部構成さえしっかりと作りこまれていれば上位化は容易です。

しかし、風俗デリヘル系のサイトでは、広告サイト(ポータル情報サイト)を多用します。

これらの広告サイトの数は、10社や20社ではありません。

40社~50社程度を使用する会社も少なくはありません。

これらによって起こりえる利点は、『広告サイトの数だけSEO対策になる』ということです。

こういった点から、本来サイトの作りだけで勝負できる業界であるにも関わらず、

『広告サイトに掲載を指定なければ被リンクの差で勝負できない』となってしまうのです。

様々な作り込みによっても違いは生まれますが、内部の作りだけでクリーンなウェブ対策をすることも重要です。

そんなサイトを一つでも見てみると面白いかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。