スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求人サイトでの間違い

風俗デリヘル系の求人サイトでは、

メインの求人は女性になります。

しかし、風俗デリヘル系のサイトでは、男性の求人を記載することもあるでしょう。

一般の求職サイトのように明るいイメージを作るあまり、男性向けの表記も多くなってしまうのです。

これは大きな失敗です。

女性を求人する為のサイトなのですから、女性だけをターゲットにしなければなりません。

そうしなければ、女性の求人どころか10倍は男性の求人が来てしまいます。

良くあるパターンが、一般よりの内容すぎるということです。

カールズワークなどといった訳のわからない言葉を使うサイトがほとんどです。

『女性向けの風俗求人サイトです』

と公に言ってしまった方が百倍くらいマシです。

風俗デリヘル系の求人は高収入を売りとしますが、高収入を売りにしても来ないものは来ません。

一般と風俗デリヘルでは180度考え方が違います。

お金が稼げてもマンションの寮があっても、女性はやらないものはやりません。

ですので、いくらサイトをうまく作っても見てもらえる絶対数が少ないので意味がないのです。

であれば、検索で一位を取りに行く努力をしてしまった方が良いでしょう。

数こそ少ないでしょうが、風俗デリヘル系の仕事を求めている人は必ずいます。

そういった女性を数人で良いのでゲットすることに意味があるのです。

それさえできてしまえば、後は上手くいきます。

騙すような間際らしい表現の求人サイトを作るくらいならば、ストレートに仕事を求めている人に、内容を伝えた方が良いでしょう。

結局は風俗デリヘルでいくら稼げるかがすべてなのです。

腹も座ってる人が多いでしょう。

高収入な条件を伝えれば求人は自然と集まるのです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。