スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告媒体で順位を上げよう

まず、風俗デリヘルなどのウェブサイトでは集客に重点を置くことになるでしょう。

その上で重視されることは、
『広告媒体からの流入』
『検索順位からの流入』

この2つしかないでしょう。

この場合、どちらに利点があるのでしょうか。

正解は、広告媒体です。

広告媒体などのポータルサイトからのメリットは、何千何万というアクセスが期待できる点です。

しかし、デメリットとしてはお金がかかるのです。

効果は分かりやすいものですが、リスクが必ず発生しています。

それに比べて検索順位の結果(SEO)については、ある程度の安定性さえあればいくらでも流入が期待できます。

もちろん、固定費や成果によっての金額の支払いを余儀なくされるサービスになるので初期投資は大きなものになるケースが多いです。

サイトを目立つものに作り上げるには沢山の時間がかかります。

短く見積もっても半年以上の時間がかかるでしょう。

するとサイトは何もしなくても順位が向上していくことでしょう。

デメリットとしては、SEO会社に全てを任せているケースです。

『東京 横浜 風俗 デリヘル 高級』

などと対策をしていた場合、

この順位の結果は、SEO対策の会社ありきの順位になるのです。

であれば、しっかりとサイト内部のコンサルティングをしてもらい、永久に順位が変わらないサイトに作り上げるべきです。

つまり、SEO会社との契約を終えた瞬間に、順位はみるみる下落し、そこまでの努力は水の泡となります。


風俗デリヘル店では、これらの検索順位に対しての結果が顕著です。

何故、検索順位の結果が良かったのかを考える必要があるでしょう。

『広告媒体サイトからのリンクの数』
『SEO会社からのリンクの数』

これが答えです。

ここに力を入れていれば必ず、検索順位の結果は上位となり望むものになるはずです。

しかし、『調子が良いからお金を節約しよう』などと考えると失敗します。

どこを見ても削るところはないからです。

削れば結果は自ずと検索順位の結果に現れてきます。

これらの理屈が分かっていない風俗デリヘル店舗は、順位が落ちたことを理由に怒ってクレームを出すことでしょう。

そもそも、風俗デリヘル店舗の動きによって左右されることを理解しなければ、運営や経営はできないのではないでしょうか。

様々な要因のある業種やジャンルにはなりますが、テクニカルであることに間違いはないでしょう。

たかが広告たかがSEOと甘く考えてる風俗デリヘル店舗は生き残ることはできないでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。