スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗デリヘル店のエリア別けは難しい

風俗デリヘル店のエリアを区別することは非常に難しいです。

例えば、店舗形態が挙げられるのではないでしょうか?

池袋で考えてみましょう。

通常のデリヘル店である場合、『池袋、大塚、駒込』など、まとめて集客をすることができます。

しかし、店舗型や特殊ジャンルの店舗である場合はいかがでしょう。

通常の店舗型の場合、エリアによっては店舗所在地から距離が発生してしまいます。

また、一つ横のエリア出会ってもホテヘルとピンサロなどでは客層やサービスの乖離が起きます。

つまり、近隣エリアでも真逆の世界がある様なものなのです。

他にはSMクラブなどではどうでしょう。派遣型に変わりはありませんが、

利用者が求めるサービスの度合いはかなりの違いがあるでしょう。

これでは歩いて数分のエリアであっても集客を広げたいと考えても、現実的な問題にぶつかることになります。


次に、横浜で考えてみましょう。

横浜は利用者が非常に多い地域です。

市町村としては異例の大きさでしょう。

こうなると、横浜は横浜でもどの場所であるかは差別化できなくなります。

東京南部寄りの地域の横浜在住者が検索したとして、横須賀寄りの地域の店舗型風俗店が該当しても微妙ですよね。

それは、デリヘルでも同じです。

つまり、横浜南部と東京都町田市寄りの横浜だろうと、『横浜は横浜』になります。

飛び地のある地域では余計その矛盾を感じることになるでしょう。

新百合ケ丘などが良い例でしょう。


さらに、川崎も同様であると言えます。

川崎の場合、東京も近く横浜も近いです。

これでは、相互に利用者エリアが広がることになり、ライバル強豪が非常に多くなります。

東京の人が横浜を使うこともあれば、逆もあります。

もちろん、川崎も使って貰えることは間違いありません。

ですが、確実に県境であったりする場合などでは、

エリアをすごく意識されてしまう為、区別されることが当たり前です。

それは人それぞれの価値観だけではなく、検索結果を返すGoogleなどの検索エンジンであると顕著です。

ベニスアップデートの様な所在地エリアを基準とした検索結果も影響があります。

しかし、そもそも論として、エリアを入れずに検索することの方が稀であると考えられるので、

結果、区別されやすいエリアは損をする傾向にあります。

区別され易いされにくいもありますが、細かく区別できないエリアも扱いにくいものです。

近年はより高度な検索結果を見込める様になってきましたが、なかなか思う様に集客できないことが現状です。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。