スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高級デリヘルについて考えよう。

高級デリヘルと聞くと何を想像するだろうか?

私は『地域 デリヘル』と同じようなイメージを持ちます。

高級デリヘルという言葉だけを聞いてしまうと、「難しい」&「ハードルが高い」そんな印象を抱かないだろうか?

これがそもそも間違いです。

『デリヘル』だけのワードである場合、競合となるライバル他社サイトは山のようにあります。

しかし『高級』と付くだけで、ごく一部のサイトだけが取り扱うジャンルになるのです。

そうなると、当然のごとくライバル他社サイトの絶対数自体が少なくなります。

それだけ、検索順位を争う場面では対応は簡単になるでしょう。

ウェブサイト面の利点だけではなく、実際の運営面でも方向性が変わります。

まず、お客さん自体が少なくても済んでしまうかもしれません。

要するに、今までの倍の価格で商品を売ることができるので、半分の売り上げ計算で済みます。

さらに、実際に働いているスタッフのお給料の単価も高くできるとともに、労働時間も減らすことができるでしょう。

つまり、通常店が『高級デリヘル』に変わるだけで、今までの0.6~0.7割程度の内容のコストと時間で補えてしまうことになるのです。

ただし、当然ながら商品とサービスの質とクオリティは倍以上のものが求められます。

また、ある種の裕福な客層が利用するであろう点を考えると、女性スタッフの流失は懸念されることになるかもしれません。

ですが、お店としてのノウハウさえあれば男性&女性スタッフの人材は確保できることが可能です。

つまり、売り上げが上がる分、スタッフや会社店舗自体にも、容易に考えられるであろう『見返り』の部分の手厚いサポートが必然になるでしょう。

これらのことから、様々なコストと労力を考慮してしまえば、通常店や激安格安店などのデリヘルサービスよりかは、確実な利益を生めると考えられるのです。

もちろん、真逆の業態であればそこにも利点はあるだろうと予想できますが、ゴールや流れを考えての効率という部分では、多少なりとも高級デリヘルには得があるのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。