スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗店舗のウェブ対策

風俗店舗のウェブ対策として重要なことはSEOです。

SEO自体は風俗業界だけの話ではありません。

SEOの対策料金は高くても10万~15万です。

一見高そうに感じますが、非常に高いです。

何故ならば、それ以上にポータルサイトに対しての広告費は非常に高額だからです。

広告費は掲載先のポータルサイトによって費用対効果が変わってきます。

この料金と実際の宣伝効果を考えた時に、広告を出せば出すだけ効果があるのであればSEOは必要ないでしょう。

しかし、実際の集客だけではなく、求人方面の実客などの面では風俗店舗向けの広告対策は適切ではないでしょう。

逆に風俗求人ポータルサイトは、掲載したところで、選び手は一つの店舗でしか勤められません。

あっちもこっちもとは選べないと考えると、広告を出し損するケースも多いです。

いくら高収入で日払いで、と上手く謳ったところで、そんなことはどこの店舗も謳い文句は同じです。

しかも、ノンアダルトな一般サイトとも争わなければなりません。

そう考えると、求人向けの風俗ポータルサイトではなく、それでいて求人サイトでもないことが理想です。

つまり、如何に店舗サイトで目立つことが出来るかが重要です。

そうなると、店舗サイトをビックキーワードでSEO対策し、順位の上位化を計ることが必要であり必然でしょう。

風俗サイトのお金のかけ方一つで店舗の運命が変わってしまうと言い切れるのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。