スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMクラブは風俗なのか?

池袋にあるSMクラブをご存知だろうか?

私は今までそのような風俗を利用したことはありませんでした。

まず、SMクラブは風俗とカテゴリーしてしまっても問題はないと考えられるが、そもそも性的サービスをするか否かでいうと少し方向性が違ってくると感じる。

早い話が利用者が性的サービスを直接的に受ける度合いとしては、他の風俗とは意味が違うからだ。

どちらかというと男性や女性が果てることを目的としてはいないように感じてしまう為だ。

むしろ、お店を利用して女性を派遣するところまでは同じでしょう。

そこでサービスを受ける受けないに関わらず、料金を支払うとします。

ここまでで、法律的なものが関わるリスクは何もないでしょう。

プレイ内容や女性を指定している点とお店に対しての利用料を払うにすぎません。

後はお店側の料金に合わせたサービスを受ける振りをしてしまうだけだ。

そう考えられる理由は、法律に触れる性的サービスを受ける可能性が低いからだ。

つまり、SMクラブが主としているサービスを展開する為に、風俗業としての表向きの形を作り上げればいいだけで、

お店側は世間一般に法令順守の範囲内で活動したいが為に、『風俗店です』という名目に合わせていると感じさせられる。

実際にプレイを始めれば、内容は過激だが性的サービスがない場合もある。

そうなると、相手と何をしたいかというだけとなり、相手の女性もお店のサービスプランに沿った案内をするまでで、料金さえもらえれば何をしても良いようになるだろう。

また、内容に関してもリアルなプレイを求める為に、『サービス云々』『出来る出来ない』『雰囲気』などの問題もあり、暗黙で様々なやりとりがなされる。

つまり、紹介や派遣までに意味があるのであり、その後の内容は余程のものがない限り互いの意志のもとで多くのやりとりが展開するだろう。

池袋のSMクラブに限ったことではないが、こういった想像は容易に考えられる。

ちなみに実際にそのようなサービスを受けたわけではないので悪しからず。

興味があれば皆さんも利用してみることをお勧めいたします。

他の風俗とは一味違った雰囲気であることに間違いはないでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。