スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗エステジャンルワードの疑問

風俗エステジャンルは様々な言葉が使われています。
まずは、エステ系サイトで扱われるワードを洗い出してみましょう。


① 性感マッサージ
GV 49500

やはり「性感」という言葉はエステ系風俗では強いようです。

ピンサロやイメクラとは違い、「脱ぐ」ということをメインに露出することは効果が高いのでしょう。


② オイルマッサージ
GV 33100 ※一般ワード

マッサージ系では当たり前の用途があるオイルですが、

それだけ「マッサージ=オイル」というイメージが強いのでしょう。

しかし、このワードを他のワードとかけ合わせるとびっくりするほど意味がなくなります。


③ メンズエステ
GV 27100

メンズエステといえば一般のワードを連想するでしょう。

しかし、メンズエステという単語自体は一般とアダルトの2種が共存しているワードと言えるでしょう。

つまり「メンズエステ」=「エステの風俗」という連想ができるようです。


④ 回春マッサージ
GV 22200

意外とメジャーなワードかと思いきや、この言葉を選択すると墓穴を掘ることになります。

地域との掛け合わせワードになると、殆ど意味を成さなくなります。

回春という言葉は療法的な意味合いから来る言葉ですが、一般的に認知度が低いです。

余程コアな客層を取りに行かないかぎり、このワードは地雷です。


⑤ アロママッサージ
GV 8100 ※一般ワード

アロマとつくだけで、オイルマッサージに変わりがありません。


⑥ 性感オイルマッサージ
GV 1600

脱いでオイルマッサージしますよという意味を含みますが、ワード的には絞り込み過ぎでしょう。


⑦ 回春メンズエステ
GV 110

意外とハマりそうな言葉ですが、回春を使ってしまうことで言葉の強さが無くなっています。

頭に回春が来ると損をすると分かるワードです。

不思議と風俗ワードに様変わりです。


⑧ 性感メンズエステ
GV 70

メジャーな言葉同士のかけ合わせですが、風俗に行こうとしている人に認知されにくいです。

「性感」も「メンズエステ」も理解している人にしかヒットしない言葉かもしれません。


⑨ 性感アロママッサージ
GV 70

かけ合わせワードで意味が弱いです。また、他の言葉との意味の違いが分かりづらいでしょう。


⑩ 回春アロママッサージ
GV 30

⑨に同上


⑪ 回春オイルマッサージ
GV 30

⑨&⑩に同上


GVとは、
グローバルボリュームの略称です。

GVは、リスティング広告などで使われる指標であり、おおむね一月のクリック数を表しています。

つまり、この数字が低ければ、クリックが期待できないということです。

風俗に関係なく、10位以内で月あたりに10クリックを獲得したい場合、
1ページ目下位のアクセス数を300と考えると、GVが1000はなければ、期待値を割ってしまいます。

つまり、今回で言うところの⑦以降のキーワードは選択してもほぼ意味が無いことになるでしょう。

もちろん地域ワードとのかけ合わせによってGVも変わりますが、しっかりと考えて選定することが重要です。
スポンサーサイト
最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。