スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある高級デリヘルの状況

ある高級デリヘル店舗で検索順位対策を頑張っています。

実はこの店舗は今現在、順位が下がっています。

何故か?

答えは簡単です。

Googleのアップデートに引っかかったからです。

その詳細としては、サイト自体の規模感が小さいからと言わざるをえません。

つまり、小さい規模のサイトに大きな外部からの力を加えても、サイトが耐えきれないことになるのです。

そこは規模感の問題になりますが、それだけサイト構成やつくり込みや対策のクオリティーが低いということに他なりません。

そこに大規模な外部からの力を加えたのですから、破綻します。

この高級デリヘル店舗の状況としては、外部からのリンクが800余に満たないにもかかわらず、検索順位上昇対策として半分の400以上のリンクの力をかけていた訳です。

さて、この対処方法としては、タイトルやキーワードのリンクを合計で300は削除しています。

この理由としては、『良い結果の時の状態に戻す為』という理由があります。

しかし、2週間経った今でも順位は戻ってはいません。

結論から言うと、世過剰要素と考えられていた要因を排除し、一般的に理想値とされるだけのクオリティーに合わせにいったことで、途中の対応に不備があったと考えることが適切かもしれません。

相対的に全ての対策の規模感を落としている訳なので、当然ながら順位は下がります。

本来ならば、過剰に対応していた外部対策の部分を排除するだけで良かったかもしれません。

にも関わらず、全てを巻き戻しにかかったので、パワーダウンは否めません。

この高級デリヘル店舗の場合は、ピンポイントに悪い要因を排除した後に、ボトムアップしてあげることでサイトの力を、アップデートにも対応できる形で対応できたはずだと考えられます。

検索順位上昇対策では、力を加えることには時間がかかりますが、逆の動きは短時間で済むことが多いです。

まずは、プラスの動きに転じなければ何も上昇しないにも関わらず、逆の動きをしてしまったことでの失敗と言えるかもしれません。

力の弱いサイトのこそ、テクニカルな判断が必要になるのではないでしょうか。

今後、このサイトがどのように順位復帰するかは追って解説できたらと考えています。
スポンサーサイト

ワガママな店舗

アダルトジャンルのサイトを所有している風俗デリヘル店では、検索の順位による露出を考えている店舗も多いハズです。

そこでSEO会社のサービスは不可欠でしょう。

しかし、私にはこんな経験があります。

『商談時に説明している内容を理解されていない』

『都合の良い内容で解釈される』

『言ってもいない事実無根の言葉を理由にゴネられる』

『SEO独特の曖昧さを都合の良いように利用される』

このような経験があります。

つまり、『順位は保証できない』『順位の上位化へのハードルは低い』『上位化後の順位上昇はご協力や提案への理解が必要』『一桁の順位から更に上位を目指すことは難しい』『サイト修正だけでは、それ以降の順位が上がらない可能性があるので、以降の対策は外部の対策が不可欠』

簡単な内容ですよね?

もちろん、専門的な話となりますので風俗デリヘル店舗では理解できないこともあるでしょう。

ですが、これを勘違いされるわけです。

『順位の保証は出来ないという案内は忘れられている』『簡単に1位に出来ると言った』『上位化後の広告サイトなどの利用が必要であることと、上位化への理解がない。』『一桁順位から1つ順位を上げることが多大な努力が必要である難易度を理解されない』『サイトの修正での順位上昇の理解がない』『それ以降の外部対策での順位上昇の理解がない』

このような状況になるわけです。

正直風俗デリヘル店舗が真っ当な経営をされている会社であるということではないので、ヤクザか輩のようなクレームとなることは当たり前です。

当然、『言った言わない』という水掛け論となります。

こうなっていくと何もやりとりが成立しなくなります。

何故ならば、風俗デリヘル店舗は俺様家業に近い部分がある為、『お金をかけたら、言いたい放題できる』というような勘違いとも取れる対応になるからです。

確かに『やらせる』という動きや交渉は可能ですが、SEOの全てを理解しての指示を風俗デリヘル店舗が行うことができるわけではないので、言うことも一方的になり無茶が多いことは事実です。

すると、結果が出なければ『どういうことだ』となり、不満があれば『おかしいだろ』という態度に変わっていくのです。

私が経験した悪い例としては、ニッチすぎるSMワードなどでの対策で、明らかに他のサイトとの広告のかけ具合や努力の差によって結果が望めない可能性が出てきた際に、

『ウチはオリジナリティで勝負してる為、サイトの内容は自信があり手直しの必要はない』『細かい無料サイトなどへの登録はめんどくさい』

こんな理由で、案内とは別に努力を諦めての状態で結果を求められる状況でした。

これでは順位は上がりません。

これを深く追求していったところやる気を無くされたのか契約終了となりました。※もちろんそこまでの大クレームの嵐があったことは説明するまでもありません。
ウェブ業界では、サイトを作り上げるだけではなく、過度な要求をされることも大いにある為と、一般社会の常識が通用しない状況もある為、様々な苦労が出てきます。

昨今、アダルトジャンルのSEOを提供する会社も少なくなってきています。

風俗デリヘル店舗とのやりとりは、今後も色々な意味で難しくなってくるでしょう。

渋谷のサイトで検索上位にするには

まず、渋谷で検索する際に、渋谷に限らず2つの検索パターンがあることを知っているだろうか?

渋谷の場合、直接的に「渋谷 デリヘル」などと調べるパターンと、渋谷に居ながら「風俗」「デリヘル」と調べるパターンがあります。

これらで非常に大切なことは調べ方の種類ではありません。

如何に、サイト自体にテーマをもたせてあげられるかが大切なのです。

つまり、サイト内部に「渋谷」が含まれていることは重要です。

さらに大切なことは、外部のサイトから「渋谷」を含むアンカーテキストリンクをもらうことが大切です。

しかし、これでは順位が上がる要素は「渋谷」に絡むエリアだけとなることをご存知でしょうか?

つまり、エリア的には近い「新宿」や「目黒」「世田谷」などでも上位表示される可能性は高いはずはのです。

ここでいう上位表示とは、上記エリアでの「風俗」や「デリヘル」を調べた場合によります。

もちろん、「新宿」「世田谷」「目黒」などをサイト内に盛り込んでいかなければ、そもそも直接的に上位表示できる要素はないのです。

しかし、そこはヴェニスアップデートのアルゴリズムのなせる技。

渋谷をテーマにしているサイトならば、近隣エリアでも上位に表示される可能性は出てくるのです。

近いからと単純に考えても大正解かもしれません。

しかし、ここも上位化には限界があります。一定の順位以降での上位化は難しくなってくるでしょう。

そこから順位を上げるには、更にエリア要因のボトムアップが必要になるのです。

その為には、都道府県と市区町村をエリアテーマとして強調することで解決します。

もちろん事務所を構える業態ならば住所を書くことで補えるでしょう。

それだけで、広いエリアからのボトムアップとなるのです。

ただし、特定のエリアでサイトテーマを強調しすぎると、離れる反対エリアは無関係と判断できてくる為、当然ながらサイトテーマは弱まることが予想されます。

こういった現代の検索結果のソートアルゴリズムを攻略する必要は出てくるでしょう。

その為には、無難な範囲での強化も必要になってくるでしょう。

すると「東京 デリヘル」「東京 風俗」「渋谷区 デリヘル」「渋谷区 風俗」などという、ややザックリとした対策を講じる必要も出てくるでしょう、

より、広い範囲で多くの効果が見込めるエリアテーマでは、このような変則的な対策も必要となってくるのです。
最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。