スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デリヘル業界は難しい。

デリヘルのサイトの順位を必死に上げようと考えている人も多いはずです。

しかし、現実的にSEO的な手段ではまず上がらないと言ってしまって良いでしょう。

もちろん、サイトの修正も大切であり、外部からの力だけでサイトが上がるものではありません。

しかし、風俗デリヘルでは勝ちパターンが決まっています。

順位が上がるだけの要因があるのです。

まず、幾つかのポイントをお伝えします。

■タイトル

タイトルは非常に重要です。

順位を上げたいキーワードを先頭に持ってくるようにしましょう。

『高級デリヘル』◯◯店  といった感じです。

■h1タグを必ず入れよう。

タイトルだけでなく個々のページの表題となる題名も必要です。

『東京で風俗をお探しなら、人気の◯◯』  というように文字は多めに含ませることができます。

ここでタイトルに入りきらない様々なキーワードを入れることができれば最高でしょう。

■認証ページにはテキストを入れよう。

サイトの規模にもよりますが、数百文字の文章が必要です。

これはサイト内のどのページよりも目立つことが必要だからです。

すると、自然と下層のページよりも文章が多くなって然るべきです。

ですので1000文字あってもおかしなことではありません。

また、サイトのテーマを1番多く含むことも大切なことです。

認証ページに『デリヘル 風俗 東京』などの文字が、それぞれ8つ程度入っていることが望ましいでしょう。

■トップページに戻るボタンを増やさない。

トップページはメインのページでしょう。

しかし、風俗デリヘルサイトでは認証ページが検索に該当しなければ意味がありません。

この為、必ずフッターリンク(著作権リンク)をURLを省略せずに且つ、『高級デリヘル◯◯』などとしましょう。

リンクはそのリンクに含まれているキーワードに強力な力を含んでいます。

認証ページに戻れる状態で力やテーマを伝えられる形式のリンクを設置することが望ましいでしょう。

■パンくずリスト

通販サイトなどにあるようなガイドナビゲーションを設置しましょう。

これは、各ページごとに親ページに戻ることができるリンクを用意することができます。

こうすることで、より表側にあるページに力が集まることになります。

また、ここにテーマとなる『風俗やデリヘル』のキーワードを含ませることも有効でしょう。

風俗やデリヘル、キャバクラ等のサイトでは女性ページも存在します。

この場合、

認証 → トップ → 女性一覧 → プロフィール

とそれぞれのページに、戻る道筋をつけることができ、より表のページに力を与えられます。

■女性ページを増やそう。

どんなにSEOの対策が完璧にできているサイトでも、女性の数が少なければ意味はないのです。

つまり、サイトの規模が小さいままでは他の風俗デリヘル店に負けてしまいます。

より他の店舗よりも大きく見せると言うよりは、

他の風俗デリヘルサイトよりも力があるサイトであることを検索エンジンに伝える必要があります。
■まとめ

簡単ですが。これだけでも非常に効果があります。

基本的なことができているサイトこそ順位を上げることができるのです。

これがわかっている風俗デリヘル店は確実に勝ち組であり、実客も多く、余裕の高みにいるのではないでしょうか?
スポンサーサイト

藤沢のデリヘルで思ったこと

ある藤沢のデリヘル風俗店を見ていて思うことがあります。

まず、この店舗サイトは『藤沢 デリヘル』で1ページ目に入ることが目標と考えられます。

しかし、簡単に1ページ目に入れるかと言われると中々簡単ではありません。

何よりも意識しなければならない事は、SEOが不十分なサイトは1ページ目には入らないということです。

これらは非常に重要な事であり、
検索上位を目指すサイトでは必ずと言っていい程の困難なハードルとなります。

しかし、ほとんどのサイトで言えることとして『完璧なサイトなどは存在しない』ということが言えるでしょう。

与えられた環境の中で上位化条件を目指すしかないのです。

今回注目した藤沢のデリヘル風俗店サイトでは、決定的なミスがありました。

そのミスは『テーブルタグでサイトの多くの部分が構成されていること』です。

これは非常に致命的なミスです。

何故かというと、HTMLでまだ
タグが主流ではなかった当時、
ホームページの表現方法に決まりはありませんでした。

その為、見栄えを考えての構成では、でも
でも同じような見栄えの表現が可能でした。

※もちろん今でも可能です。

しかし、図表や整頓された横並び表現などの以外での用途としては、
は不適切な表現となっていきました。

HTMLソース上での記述量も増えますし、
検索エンジンからは簡略化されていないと判断されかねない為でしょう。

藤沢のデリヘル風俗店では未だに10年位前の表現がされていたということです。

さらに、全てを
で表現していたので尚更でしょう。

このような、SEOを知らないからこそのミスがあるようでは、
『藤沢 デリヘル』で上位になる事などあるわけがないのです。
最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。