スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤沢デリヘルで素人なんて意味が無い。

藤沢のデリヘル風俗店を調べていると、
やたらと『藤沢デリヘル 素人系 ◯◯」』などというタイトルの店舗を見かけます。

ハッキリ言っていまうと、全く意味がありません。

風俗で素人を謳い文句としている店舗はビジネス的に間違っているのではないでしょうか。

まず、風俗店には女性従業員スタッフがいますが、これらの女性は風俗嬢です。

風俗嬢が素人なのでしょうか。答えはNOです。

一般的に業界に手を出している女性スタッフはプロフェッショナルである認識です。

つまり『プロ』と呼ばれているのです。

風俗デリヘルで食べているわけなので素人であるはずがありません。

イメージやキャッチフレーズとしてのマーケティング目的であれば分からなくもありませんが、

サービスを利用した際に、本当に素人というクオリティを出せるはずがありません。

素人は『新人さん』ではありません。

本当の意味での演技としての技術があるのであれば、面白いかもしれません。

十中八九、そのような大きな期待をしている人はいないでしょうし、満足もできないでしょう。

さて、素人というテーマをサイトに持たせることで、どのような恩恵があるのでしょうか?

「サイトのアクセス数」が増加するのでしょうか?
「未経験者が働きたい」と女性から連絡が来るのでしょうか?

そのような想像をしてしまします。

しかし、これは夢デリカありません。

まともな会社がイメージだけで需要のないテーマをビジネスとすることが理解できません。

まず、単語や言葉の重要性を再認識することが大切です。

約 30,600,000 件 風俗
約 15,700,000 件 デリヘル
約 47,700,000 件 素人 (しかしながら一般ワードです。)

調べるだけであればものすごい人数に感じがちです。

約 2,280,000 件 素人風俗
約 0,997,000 件 素人デリヘル

このように絞り込むと一桁以上の数しかありません。

また、ここから地域毎の数を割り出すと、

約 771,000 件 素人デリヘル 新宿
約 729,000 件 素人デリヘル 横浜
約 532,000 件 素人デリヘル 藤沢

更に検索該当件数が減ったことが分かります。
それでも50万件以上の数は決して少なくはありません。

次に、それぞれの検索ワードの需要を考えます。

下記が、1月あたりに期待できるアクセス数です。
※Googleキーワードプランナー参照

4,400 デリヘル 横浜
3,600 デリヘル 新宿
1,000 デリヘル 藤沢
0 素人デリヘル 新宿
0 素人デリヘル 横浜
0 素人デリヘル 藤沢

お分かり頂けただろうか。

需要が全く無いのです。

アクセスするインターネット利用者は、
はじめからそんなものには期待していないということでしょう。

つまり『アクセスが無い』ということなのです。

そもそも、意味のないことをビジネスに盛り込むということが言語道断です。

藤沢にデリヘルや風俗が存在していたとしても、
素人ばかりは、どこの地域であってマーケティング上、重大な間違いなのです。
スポンサーサイト

藤沢の風俗デリヘル店でアクセスを増やすために必要な対策

ウェブサイトでアクセスを増やすには、地域の情報を含ませればよい。

まず、藤沢デリヘル風俗であれば「藤沢」を入れないわけがないでしょう。

当然、検索結果にも反映されてきます。

ここからアクセス数を稼ごうと考えた場合、「後は順位を上げるだけ」と考えがちです。

しかし、これは大きな間違いです。

確かに、ターゲットとなる単語や情報をベースに検索順位を上げていくしかないと、一般的には考えます。

ですが、これ自体は間違いではないものの正解には不十分です。

藤沢のデリヘル風俗店を考えた時、大雑把なエリアをイメージすることは出来るでしょう。

おそらくそれらは藤沢駅を中心としたりしながら見当を付けるはずです。

では、細かい部分までを考えた場合、どこまでが藤沢なのでしょうか?

ここに重要なヒントが隠されています。

例えば、大船市や茅ヶ崎市といった隣接するエリアとの境界線付近では、

ほぼ、藤沢であり且つ大船市、茅ヶ崎市であるはずです。

つまり、検索エンジンは地図を見てはいないのです。

例えば辻堂をイメージしてみましょう。

辻堂には、「藤沢市の一部」「藤沢駅からは離れている」「茅ヶ崎市寄りになっている」などの情報を汲み取ることができます。

つまり、「辻堂」という言葉を加えるだけで、検索エンジンは藤沢駅方向と茅ヶ崎市方向との間のエリアを認識することが出来るのです。

このようなエリアテーマを伝えることで、地域のエリア際までカバー出来るとともに、隣接エリアもはみ出す形でカバー出来るのです。

地域エリアは円形や四角形をしてはいません。不規則な形であるが故に、地域を更に強調する形が望ましいでしょう。

これらを応用すると「神奈川、湘南、藤沢」といった地域情報をカバーでき、且つ地域の情報の重複強調が必須であると言えるでしょう。

『神奈川であり湘南であり藤沢である風俗デリヘル店です』と何重にも地域情報を上乗せすることで、より末端の地域情報が際立つ形になるのです。

藤沢のデリヘル風俗店だからといって、『藤沢』だけを強調することは間違いであると言えるでしょう。

藤沢の風俗デリヘル地域事情

「藤沢 風俗・デリヘル」という言葉を聞いた時、みなさんはどのような印象を抱くでしょうか。

私は「藤沢で風俗やデリヘル」をやっても『上手く行かないんじゃないか』と思ってしまいます。

その大きな理由は、藤沢で生活をする低年齢層の住民の数が関係しているように感じられます。

これは藤沢市だけでなく湘南エリアの他の地域でも同じような事が言えると思います。

例えば、平塚市の場合が非常に分かりやすいです。

碁盤の目のように区画されている駅前を見ると、様々な商業店が軒を連ねています。

多くの多種多様なお店が存在しているのです。※ココがポイントでしょう。

しかし、風俗やデリヘル店があまり多くは存在していません。

客観的な印象からすると、十分にそれらが許されるような風土の土地柄であるにもかかわらず、存在するのはキャバクラなどばかりです。

このように、客観的に見ても条件の十分な土地柄であっても、成立しない地域もあるということでしょう。

私も経験していますが、低年齢層や子供達でもどこでも行き来が出来る環境があります。

この時点で、街全体で風俗デリヘルサービスを求めている環境でない事が見て取れるでしょう。

藤沢市はと言うと、行き来をする学生やビジネスマンが殆どを占めています。

しかも、その多くが藤沢駅を中心として駅の乗り換えだけでしか藤沢を利用しません。

もちろん乗り換え時に改札経由での乗り換えで、多少は街を望むことも出来ます。

ですが、多くの利用者は藤沢駅周辺の商業施設を利用はしません。

何故か?東京方面から帰宅する人にとって藤沢駅は魅力が無い為です。

更に、藤沢駅周辺エリアに住民が生活するであろう居住エリアがあまり多くないことも懸念点です。

こういった理由から、藤沢で風俗デリヘル店に関わらず商業店を出し商売すること自体が、あまり好条件ではないと考えられるのです。

更に不利だと考えられる点は、自転車の利便性です。

互いの発展した街では自転車での駅周辺エリアとの往来が存在しています。

しかしながら藤沢の場合、駅から離れても、各駅が存在している為、藤沢駅自体が最寄り駅とはならないのです。

小田急各線や辻堂・江ノ島線などが分かりやすいでしょう。

それぞれの駅にはそれなりに事足りる商業店があるでしょうし、あえて藤沢駅自体を利用する利点があまりないのです。

欲しいものがあれば、横浜や町田に行けば解決していまします。または、テラスモールやイオンに行けば良いだけです。

こう考えてしまうと、もしビジネスをしようと起業する会社や人が居た場合、余程の土地勘やセンスが無い限り藤沢を利用することはないでしょう。

出来レースのように積み上げられた条件を考えると、風俗デリヘル店はあまり有効な地域でないことがすぐに分かります。
最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。