スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高級ってなんだ?

『高級』と謳う店舗があります。

高級とは、その名の通り価値の高いサービスを提供しています。

多くの場合、料金の面で2倍にもなるほど高い場合もあるでしょう。

高級デリヘル店は安いデリヘル店ひ比べてこだわりが違います。

安い場合、風俗ジャンルもピンサロやイメクラなどの違いが出てきます。

テーマを持った風俗店があることは普通と考えがちですが、一般的には特徴のあるお店ほど高級感のあるケースは少ないでしょう。

ピンサロやイメクラの高級店を聞いたことがあるでしょうか?

当然、世の中には存在しているでしょうがほとんどは高級店とはイメージがかけ離れてしまいます。

つまり、テーマを持てば持つほどサービスの粗があってもカバーできるケースが多いため、質やクオリティを重視する高級店とはかけ離れます。

激安店が多い反面、高級店は少ないといってしまっていいでしょう。

その理由は、より質やクオリティを求める為、商品となる女性は『普通』では成立しないからです。

普通であっても満足できるケースは多いでしょう。

本来であれば、普通のグレードの沢山のお店の中から、『女性』『料金』『サービス』『評判』などといった絞り込みをして、より良い風俗デリヘル店を探すでしょう。

ですが、高級店は『そもそも質が良いしっかりしている』という魅力があるでしょう。

『安いお店失敗したくない!』という人にはピッタリかもしれません。

それだけ、サービスに差があるのです。

日常生活でも、『より良い商品を買えば壊れにくいし、使い勝手も良い』ということ後ありますよね?

風俗デリヘルは『手元に残らず、サービスを提供されて終わり』と考えると残念ではありますが、それだけの価値があるのです。

少し奮発するだけで満足度が違うのです。

利用するだけでなく、気分良くお金を使うと納得できるサービスとしては、高級デリヘルはプライスレスかもしれません。

充実した時間を過ごす為には、お金には変えられないものがあるでしょう。
スポンサーサイト

横浜は狙い目か?

横浜を拠点に風俗デリヘルの求人をする店舗は多いでしょう。

実際問題として、『どうせ横浜なら東京や川崎もやろうよ』と言いたくなりますよね。

風俗デリヘルに関わらず、横浜と東京の距離の意識はとても必要です。

東京から横浜、横浜から東京を見ると近く感じます。

しかし、実際は距離も時間もかかるので、新宿~立川くらいの距離があるのです。

要するに、急行電車でも30以上も時間がかかるのです。

それをしっかりと理解できれば、『実際は距離があり、非常に遠く、2つのエリアを区別せざるを得ない』と気づくはずなのです。

例え、高収入なアルバイトの求人があろうとも、現実的には募集範囲に入らないケースが多いでしょう。

横浜在住の人が東京の求人に興味を示すことはあっても、逆は難しそうです。

まだ、川崎のような間の地域の方が可能性としては高いのではないでしょうか。


風俗デリヘルでは、女性の求人が成立すると多くの収益を生み出すことが出来きます。

その金額は高収入となり、一部は女性のアルバイト代となります。

世間一般にデリヘル風俗の業界では、1人の女性は2ヶ月分の働きをしてくれれば御の字らしいです。

それは、求人募集をする費用を回収できるだけの額になるからです。

もちろん、店舗の収益も確保されています。

つまり、東京や川崎や横浜だろうと、時間がかかっても女性のスタッフを雇うことができれば大きな金額になるのです。

また、ある程度の通勤距離があろうとも、数ヶ月で辞めてしまうことは当然なので、

少ない期間でも働いてくれれば良いと考えているのです。

これにより、あまりマッチしないアルバイト求人の募集であっても意味があるのです。



『横浜 収入』で何を思い浮かべる?

『横浜 収入』の検索結果で表示されるサイトには特徴があります。

まず、こんな中途半端なワードでは何の集客も期待できないでしょう。

これは、『横浜 高収入』での検索結果の派生で順位が上がっているだけです。

『高収入』というキーワードを連呼してしまっているが為に、こういったことになるのです。

逆に使いすぎという状況を確認し易くはなっているかもしれません。

求人のサイトでは、目玉となるワードを押すあまり『収入が増えます』『収入も安定』などと表現してしまいます。

『高』という文字はどこへ消えてしまったのでしょう。

客観的に考えて『横浜 収入』と聞くと、『横浜を生活圏として人生を送っている人は、どの程度の収入なのか』

ということを知りたい人のサイトなのかと勘違いさせられます。

求人サイトなのにこれではアホらしいですよね?

そのような状況になるのならば、サイトで使用するべき言葉はしっかりと選ばなければいけないと理解できるはずです。

『アルバイト』という言葉も同じです。

『アルバイト』には『バイト』を含みます。

しかし、『バイト』だけでは『アルバイト』という言葉には繋がりません。

『バイト』だけでは、パソコン周りの用語で単位数も含んでしまうかもしれません。

つまり、言葉の意味としても幅広い為、両者のワードを使うにしても使い方が同じでは成立はしないのです。

皆さんも経験があるかと思いますが、『アルバイト』と『バイト』では検索結果も違います。

両方の言葉を上手くカバーできなければ、しっかりと結果を得られる集客には繋がらないでしょう。

風俗デリヘル店舗や会社自体が何の考えもなしに安易に求人サイトを作ること自体が非常に怖いことなのです。

エリアの選定しかり、言葉の使い方しかり、重要な箇所を抑えてこそ、風俗デリヘル業界で抜きに出ることができるのです。
最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。