スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗店舗のウェブ対策

風俗店舗のウェブ対策として重要なことはSEOです。

SEO自体は風俗業界だけの話ではありません。

SEOの対策料金は高くても10万~15万です。

一見高そうに感じますが、非常に高いです。

何故ならば、それ以上にポータルサイトに対しての広告費は非常に高額だからです。

広告費は掲載先のポータルサイトによって費用対効果が変わってきます。

この料金と実際の宣伝効果を考えた時に、広告を出せば出すだけ効果があるのであればSEOは必要ないでしょう。

しかし、実際の集客だけではなく、求人方面の実客などの面では風俗店舗向けの広告対策は適切ではないでしょう。

逆に風俗求人ポータルサイトは、掲載したところで、選び手は一つの店舗でしか勤められません。

あっちもこっちもとは選べないと考えると、広告を出し損するケースも多いです。

いくら高収入で日払いで、と上手く謳ったところで、そんなことはどこの店舗も謳い文句は同じです。

しかも、ノンアダルトな一般サイトとも争わなければなりません。

そう考えると、求人向けの風俗ポータルサイトではなく、それでいて求人サイトでもないことが理想です。

つまり、如何に店舗サイトで目立つことが出来るかが重要です。

そうなると、店舗サイトをビックキーワードでSEO対策し、順位の上位化を計ることが必要であり必然でしょう。

風俗サイトのお金のかけ方一つで店舗の運命が変わってしまうと言い切れるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

SMクラブは風俗なのか?

池袋にあるSMクラブをご存知だろうか?

私は今までそのような風俗を利用したことはありませんでした。

まず、SMクラブは風俗とカテゴリーしてしまっても問題はないと考えられるが、そもそも性的サービスをするか否かでいうと少し方向性が違ってくると感じる。

早い話が利用者が性的サービスを直接的に受ける度合いとしては、他の風俗とは意味が違うからだ。

どちらかというと男性や女性が果てることを目的としてはいないように感じてしまう為だ。

むしろ、お店を利用して女性を派遣するところまでは同じでしょう。

そこでサービスを受ける受けないに関わらず、料金を支払うとします。

ここまでで、法律的なものが関わるリスクは何もないでしょう。

プレイ内容や女性を指定している点とお店に対しての利用料を払うにすぎません。

後はお店側の料金に合わせたサービスを受ける振りをしてしまうだけだ。

そう考えられる理由は、法律に触れる性的サービスを受ける可能性が低いからだ。

つまり、SMクラブが主としているサービスを展開する為に、風俗業としての表向きの形を作り上げればいいだけで、

お店側は世間一般に法令順守の範囲内で活動したいが為に、『風俗店です』という名目に合わせていると感じさせられる。

実際にプレイを始めれば、内容は過激だが性的サービスがない場合もある。

そうなると、相手と何をしたいかというだけとなり、相手の女性もお店のサービスプランに沿った案内をするまでで、料金さえもらえれば何をしても良いようになるだろう。

また、内容に関してもリアルなプレイを求める為に、『サービス云々』『出来る出来ない』『雰囲気』などの問題もあり、暗黙で様々なやりとりがなされる。

つまり、紹介や派遣までに意味があるのであり、その後の内容は余程のものがない限り互いの意志のもとで多くのやりとりが展開するだろう。

池袋のSMクラブに限ったことではないが、こういった想像は容易に考えられる。

ちなみに実際にそのようなサービスを受けたわけではないので悪しからず。

興味があれば皆さんも利用してみることをお勧めいたします。

他の風俗とは一味違った雰囲気であることに間違いはないでしょう。

池袋のSMクラブが好きなんです。

即フェラチオやイラマチオなどのハードなプレイが若くて可愛い女の子と楽しめるとの評判なので、
この池袋のSMクラブにお願いをしてみました。

風俗店は経験がありますが、SMクラブは初めてでドキドキです。お店も池袋~日暮里辺りが多いようです。

10代の可愛さと綺麗さといったキレカワの女の子ですよ。

まさかこんな風俗店にこんな綺麗な女性がいるとは思いませんでした。

色々な女性がいるとは思いますが、風俗店に務める程の事情があるのか、
はたまたSMクラブにはまってしまったのかは分かりません。

ちょっぴりSMチックな攻撃が得意とのことで、スリムなボディに張りのあるDカップのおっぱいがまぶしいです。

単純に好きだからSMクラブや風俗店に務める女性も多いと思いますが、
さすがにスタイルまではコントロールはできないでしょうから天性のものかもしれません。

若い女の子なのですけどマナーもしっかりとしていて好感がもてました。

まずは即フェラチオからスタート。歯を当てる事無くちんぽを柔らかな唇で包むとゆっくりと上下に動かし始めます。

膨らむちんこの先の亀頭にネットリとしたベロが這い回りますよ。

この時点で池袋の本場感を既に堪能出来てしまっています。

たっぷりと唾液が溢れてきたのを見計らって喉の奥深くまで飲み込んでいくのがたまりません。

喉の奥まで当たる感触を存分に味わってから、ガマンできなくなって引き金を引いて。ドッと勢いよく女の子の口の中に流し込みました。

さらにベッドでアイマスクをさせられて「私のちんこをしゃぶってください…」
「くさいおまんこ臭を嗅がせてください…」と卑猥な言葉で懇願します。

これがSMクラブであるというイメージは持っていましたが、正直戸惑います。

「おもいっきりやってしまっていいのか」そんな自分との葛藤と戦うことになります。

プレイに熱中していると「女の子は演技ではないのか」「今が楽しければいいだけで…」
などと余計なイメージが頭をよぎります。

SMクラブでの支配欲は物欲です。

実際に、彼女やパートナーにしたいという支配意欲が出てきてしまうものです。

しかし、さすがにこれは非現実的な部分が多い。
そう考えると、お店ではあれ池袋に来れば楽しめるのであれば良しとしましょう。

通常の同種店舗のお店ごとの色や特色があったとしても、さすがに雰囲気には値段は付けられません。

この女性とあんな雰囲気の中、最高のプレイを楽しみたい。

池袋に来る機会は増えそうです。値段じゃないですね。
最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。