スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸の風俗事情

関西は神戸の風俗は充実しています。

種類はピンサロ・性感エステ・ヘルス・デリバリーヘルス・ソープと
様々な店舗がしのぎを削っています。

その中でも特徴的な店舗ジャンルといえばソープでしょう。

ソープランドは、公安への届出書の必要な業態です。

これら店舗所在地を構える類の業態では、新規出店は出来ません。

正確には、現代では法律上無届での営業は許されておらず、
性的サービスの提供は違法であり、認められてはおりません。

店舗型風俗店は、過去に新規出店可能であった時期に届出書の許可がおりている為に、
現在の時代でも、依然として営業を続けることができているのです。

つまり、世間一般の認識ではグレーであり、国や法律上では認めにくい存在なのです。

しかし、いつの時代もこれらの店舗が風俗業を営むことが出来る理由としては、
権利の譲渡という方法が存在しているからなのです。

権利は高い金銭で譲渡されると予想される為、簡単には譲り受けることは出来ません。

今の時代では、無店舗型であるデリバリーヘルスが一般的です。
デリバリーヘルスであれば、現代でも公安で届出書が通れば営業が可能です。

気になる方は、お近くの公安の生活安全課に質問をしてみると良いでしょう。


さて、神戸はソープランドが多いです。

どこの街なかにも1つはソープがあるものですが、日本にはソープ街というものが存在しています。

そのソープ街の一つが神戸といって良いでしょう。
特に名前も知れている地域は福原です。

歴史的にも遊郭風俗街として有名であることは言うまでもありません。

古くから歓楽街や劇場・遊郭が尊大していたことも有り、100年以上の歴史があり、
多くの人気から、今もなお風俗店舗の密集する店舗が多いことが特徴です。

しかし、時代も流れ店舗数もやや少なくなってきているというのも事実です。

多くの場合、建物の老朽化などの問題から、
届出書の条件をみたすことが出来ないケースが殆んどです。

また、新たに申請をし直す必要がある場合に許可がおりないなどの問題もあるでしょう。

様々な事情や背景がありつつ福原ではソープランドが存在しているのです。


福原で人気のあるソープランドといえば、
「プレイガール」「神戸OLコレクション」です。

これらは神戸や福原のソープの中でも、高級を売りにしています。
高級ソープという用語も今では一般的になってきています。

より上質な若い女性との夢の様な楽しい時間とプレイを望まれるのであれば、
料金が高くでも行ってみる価値はあるかと思います。
スポンサーサイト

風俗の利用者は?

風俗の利用者はそれほど多くはありません。

良く、女性が「男性は風俗を使えば」なんて言いますが、
実際に風俗を利用する男性はほとんど居ないと言ってもいいでしょう。

おそらくは、成人男性の15%くらいしか使わないと思います。
100人いたら15人です。10人に1人~2人です。

女性は、風俗=性行為という認識です。
その性行為の程度は、全部だと思っているケースが殆んどです。

ソープランドなどを除く多くの店舗は本番行為を禁止しています。
法律上でそのように定められています。

女性たちは、男性が何でも出来ると勘違いしている場合がほとんどです。

こうなると男性は非常に不利な状況に追い込まれるのではないでしょうか。

あたらに好きな人と付き合いたい・好意がある人に
「身体目的?えっちがしたいなら風俗行って欲しい」なんて思われたら侵害です。

更に合コンなども同様です。
「合コンするお金があるなら必死になってないで風俗行けばいいのに」そんな風に思われそうです。

いえいえ、そういう理屈がそもそも間違っています。

男性が求めているのは女性とのコミュニケーションです。

行為をすること自体はさっぱりとしたもので、気持ちはあまり楽しくはないものです。

もっと深く追求すると、

・会話をたのしみたい。
・いい雰囲気に持っていけるか。
・付き合うことが出来るか。
・ドキドキをたのしみたい。

このような要因があるからこそ、直に触れ合いたいのです。

そこを風俗だデリヘルだと実際の行為も出来るに、中途半端な行為だけを
高額な金額を支払って利用したいと考える人は居ません!


話を戻すと、それがわかっているからこそ利用者は10人に1人しか居ないのです。

どうしてもという人は使うことはあるでしょう。

それ以外は、あまり風俗やデリヘルを利用しないことが一般的です。

ペラ1サイトを否定するな!

ペラ1サイトをご存知でしょうか?

ペラ1とは、1ページのみで構成されているウェブサイトのことです。

つまり、幾つかのページに切り分けることなくホームページにしているサイトのことです。

そのようなサイトは本来ウェブサイトとしては不十分です。

何故ならば、多くの情報は項目ごとにページを移動することで、

ピンポイントに情報を見てもらえるように別けることが、閲覧者に好まれるからです。

そうでなければ、延々とスクロールしてもらわなければなりません。

しかし、ウェブサイトの見た目や使い勝手以外の面では基本的に問題がないことが現実です。

何が悪いということではなく、単純に検索エンジンに不利に働くからです。


さて、ペラ1サイトにありがちなパターンといえば、個人系の求人サイトです。

風俗店舗レベルのサイトが求人サイトを持とうとした場合、

元々、風俗店舗サイトに1ページ設けられていたページとは別にドメインを取得して立ち上げるケースが多いです。

まず、この時点で単純に考えすぎです。

理由は、元々1ページくらいしかなかったのにそれを10ページ以上の作りと構成で立ち上げられるだけの内容が無いからです。

皆さんは、風俗店舗の求人を2000字ベースの内容で10ページ作れますか?

おそらく難しいですよね?

これは風俗やデートクラブなど同業界関連などでも非常に難しいはずです。


ドメインを変えただけで画像イメージを多用してどうやって単純な1ページで検索順位の結果を求めるのか?

無理ではありません。

全てを詳しく書きまくるのです。

それだけで良いのです。

後は、そのウェブサイト自体のテーマを検索エンジンに対して、より詳しく伝えるだけです。

こうすることで、数ページだけの求人単体サイトでも検索結果で結果が出せます。

これが分かるか分からないかで、ビジネスとしての結果が出てしまいます。

求人ページなんて有るだけでいい。

求人はポータルサイトしかない。

そんな風に風俗業界で安易に物事を考えている会社の末路は見えています。

少しでもこだわりを持ってウェブサイトを作ることが重要です。

「ウェブサイトやホームページがあれば求人はなんとかなるだろう」

そんな風俗店舗は確実に潰れます。
最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。