スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペラ1サイトを否定するな!

ペラ1サイトをご存知でしょうか?

ペラ1とは、1ページのみで構成されているウェブサイトのことです。

つまり、幾つかのページに切り分けることなくホームページにしているサイトのことです。

そのようなサイトは本来ウェブサイトとしては不十分です。

何故ならば、多くの情報は項目ごとにページを移動することで、

ピンポイントに情報を見てもらえるように別けることが、閲覧者に好まれるからです。

そうでなければ、延々とスクロールしてもらわなければなりません。

しかし、ウェブサイトの見た目や使い勝手以外の面では基本的に問題がないことが現実です。

何が悪いということではなく、単純に検索エンジンに不利に働くからです。


さて、ペラ1サイトにありがちなパターンといえば、個人系の求人サイトです。

風俗店舗レベルのサイトが求人サイトを持とうとした場合、

元々、風俗店舗サイトに1ページ設けられていたページとは別にドメインを取得して立ち上げるケースが多いです。

まず、この時点で単純に考えすぎです。

理由は、元々1ページくらいしかなかったのにそれを10ページ以上の作りと構成で立ち上げられるだけの内容が無いからです。

皆さんは、風俗店舗の求人を2000字ベースの内容で10ページ作れますか?

おそらく難しいですよね?

これは風俗やデートクラブなど同業界関連などでも非常に難しいはずです。


ドメインを変えただけで画像イメージを多用してどうやって単純な1ページで検索順位の結果を求めるのか?

無理ではありません。

全てを詳しく書きまくるのです。

それだけで良いのです。

後は、そのウェブサイト自体のテーマを検索エンジンに対して、より詳しく伝えるだけです。

こうすることで、数ページだけの求人単体サイトでも検索結果で結果が出せます。

これが分かるか分からないかで、ビジネスとしての結果が出てしまいます。

求人ページなんて有るだけでいい。

求人はポータルサイトしかない。

そんな風に風俗業界で安易に物事を考えている会社の末路は見えています。

少しでもこだわりを持ってウェブサイトを作ることが重要です。

「ウェブサイトやホームページがあれば求人はなんとかなるだろう」

そんな風俗店舗は確実に潰れます。
スポンサーサイト

バイトとアルバイトの違い

ウェブサイトを検索していると『バイト』と『アルバイト』という2つのフレーズを見かけます。

この2つのフレーズは、普通に考えると同じ言葉です。

前者が略語であり、後者は正式名です。

アルバイトとは、元はドイツ語(Arbeit)が語源です。

風俗・デリヘル系サイトを見ていると、求人サイトでこれらの言葉が多く使われています。

◯◯ 風俗 求人
◯◯ 風俗 バイト(アルバイト)
◯◯ バイト 風俗求人

こういった表記が多いような気がします。

ちなみに、ウェブサイトで集客を目的とした場合では、どちらを使うと良いのでしょうか。

多くの場合はアルバイトという言葉を使用することが一般的です。

何故ならば、「アルバイト」という言葉の中に既にバイトが含まれている為、

あえて、「バイト・アルバイトをお探しの方は」などという表現方法はしないからです。


少し突っ込んだ形で使用ワードフレーズについて調べてみたいと思います。

『風俗 バイト』 検索該当数 約 934,000 件
『風俗 アルバイト』 検索該当数 約 773,000 件

これを見ても分かる通り、「アル」という言葉が付くか否かで件数が変わっていることが分かります。

短い言葉よりも、より詳しく長い文字列で調べた方が検索該当数は減るでしょう。

しかし、これらの結果を見ても分かる通り、
「アルバイト」という言葉以外に「バイト」という言葉が含まれている(使用されている)訳です。

★でも、なら「アルバイト」の正式表記だけを使えばいいのでは?

こう考える人も多いでしょう。実際は違います。

バイトという略語自体が「バイト」と「アルバイト」の両方の意味を持ち合わせているのです。

これらの理屈は、他の風俗ワードにも当てはまります。

例えば、「デリバリーヘルス」「デリヘル」も同様です。

この場合は、「デリバリーヘルス」という言葉自体が長くて好まれません。


★いやいや、単語単体で検索すると、全然結果が違うよ?

その通りです。

『バイト』 検索該当数 約 58,500,000 件
『アルバイト』 検索該当数 約 52,100,000 件
『デリヘル』 検索該当数 約 20,500,000 件
『デリバリーヘルス』 検索該当数 約 1,220,000 件

ですが、ここに『風俗』・『求人』・『高収入』といった言葉を合わせると、

わざわざ、言葉を全て含めなくても良くなるのです。

◯風俗 バイト
●風俗 アルバイト
◯デリヘル バイト
●デリヘル アルバイト

もちろん、表記上の文字列を少なくすることが出来るだけで、

実際に直書き表現されている文字列としては表現の不足が生まれてしまいます。

そので、こういったテクニカルなウェブ表現をしたい場合は、

略 : 3  もしくは 略 : 5 
正 : 7  もしくは 略 : 5 

くらいの割合でフレーズを表記するようにすればよいのです。

これで幅広いワードでのウェブ対策が可能となるでしょう。

風俗系の高収入を謳うウェブサイトでは、少しだけ特をするテクニックではないでしょうか。

言葉を混ぜて表現することをおすすめ致します。

AV女優の募集求人サイトについて

お断り

当ページでは、AVやアダルトビデオ等の文字を含む表現がありますが、
ページの内容に関しては、関連ウェブサイトの集客上のレビューであり、
公序良俗に反し、未成年などへの誤った情報を伝える内容は記載しておりません。

-----------------------------------------------------

AV(アダルトビデオ)には、演者が必要です。

もちろん、撮影監督・演者・セットスタッフなどの様々な人達が関わっていることだと思います。

その中でもとりわけ必要なポジションは、女優さんでしょう。

AVに出演される女優さんを集めることは容易なことではありません。

何故ならば、男優さんと違い、メインの被写体となるからです。

そして、その女優さんは商品のパッケージとなり写真や動画が多く世の中に流通します。

世間一般の広告モデルや芸能関係など、露出度のあるお仕事とは訳が違うわけです。

ただでさえ世間体というものを気にしざるを得ない職業である為、AV女優さんの募集は一筋縄ではいきません。

まず、AV女優さんを募集する求人に力を入れなければならないでしょう。

ここで考えて欲しいことは、ビジネス・仕事としての流れや動きが伴うという点です。

個人や小さな集まりでAVというビジネス・仕事が行われているのではありません。

世間一般に、CDや映画や雑誌と同じように流通させる事の出来るだけのマーケットがそこにはあります。

つまり、一見白い目で見られそうなAVという業界であっても、作り手側は企業であり本気なのです。

当然プロの作り上げる作品は本物です。しっかりとした映像作品です。

ドラマや映画と遜色がないでしょう。

そして、後はどれだけ売り上げられるかという、ごく真面目なビジネスなのです。

と、都合の良いイメージを言っただけでは最もであり、納得もしない人がほとんどでしょう。

そうなると、商品となるものの企画や商品自体の価値にこだわることは当たり前です。

ここで重要となるものは、やはり『女優さん』なのです。


多くの企画や作業を考える会社がある一方、実際の演者となる人を集め募集することを考えなければなりません。

これに関しては、芸能界のイメージと同じです。

テレビ局や撮影スタジオなどの関連会社があり、芸能事務所がありますよね?

基本はこれと何も変わりません。

ブランドとなるレーベルを作る会社があり、撮影手がおり、プロダクションが存在しているのです。


本題に入ります。

AV女優を抱えるプロダクションは、一般のプロダクションとは違います。

まさか、普通にお仕事として世間一般に「AVのお仕事」と謳って求人の募集などは出来ません。

ですので、プロダクション個々がウェブサイトなどを立ち上げてひっそりと求人を募るのです。

中には、ウェブ上で求人を出せる求人系サイトも有るでしょうが、掲載されている会社それぞれが、

どのような会社なんてことは分かるわけがありません。危ない会社もあるでしょう。

これに関しては、風俗系の求人募集と似ているかもしれません。


「AV女優 求人」などで検索をすると、多くのウェブサイトが該当します。

その多くのウェブサイトが、直接的に「AVのお仕事をやりませんか?」などとは歌わないことが多いです。

「アダルト系のお仕事をご紹介します。」などという謳い文句が多いハズです。

なぜ、直接的に求人の募集を伝えないのか。

アダルトビデオの求人募集に応募してくる人は世の中には少ないのです。

そもそも、そのような仕事を探している人自体が少ないと考えることが容易にできます。

・学がないから
・稼げる日毎がしたいから
・事情があってお金が欲しいから

さまざまな事情のある人達が求人の応募にに来るのです。

そんな女性達の一部が世に出回っているアダルトビデオの女優さん達なのです。


そもそも稼げる仕事なのかと言われれば「NO」といえるでしょう。

当然お金はもらえるでしょう。しかし、身体を張って仕事をする割にリスクは大きいでしょう。

・顔バレ
・身バレ
・安全?安心?

やはり、AVの仕事以外では誰しもにプライベートが存在している訳ですからね。

そして、それぞれにそれなりの幸せも存在しているはずです。余程の苦労がない限り前向きにはならないでしょう。

特に、街なかで遭遇する人達にバレないかと言われればバレるでしょう。

普段から、お化粧も着飾りもせずに外出しない人は居ません。

プロスポーツ選手はユニフォームを脱いでも、ファンならすぐに顔や雰囲気で分かります。

夜の仕事をしている人であれば、なんとなくそれすらも分かりますよね?

簡単に考えてしまえば、非常に隠し通す事自体が困難であることが現実です。


それでも金銭面の事情などで、AVのお仕事を選ぶ人もいるのです。

そんな方々の救世主の様に見えてしまうものが、AVプロダクションなのでしょう。

日雇い・日払いなどという良い条件のところがそうそうあるわけではありませんが、

風俗系などとも同様に、事情を組んで求人に取り組む真面目な企業も多く存在します。

日払い対応や住居の斡旋など多くの好条件が魅力の一つにもなっているでしょう。

好待遇や高収入のバイト・アルバイトと宣伝する企業も多いかもしれません。


「実はAVプロダクションの求人だった。」そんなこともあるかもしれません。

いえいえ、それはそういう求人の募集の仕方をしているだけで、そもそもAV募集なのです。

なんとなくウェブサイトを見ていれば分かりますよね?

みなさんも、色々と考えた上でウェブサイトを見て、少し考えてみてはいかがでしょうか。

AV女優募集中!顔バレしない安心・安全な求人「ジャンププロモーション」
最新記事
リンク
カテゴリータグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。